浪漫遊松阪店

mandaishotenmatsuzakatens2

浪漫遊松阪店
( ろうまんゆう まつざかてん )
romanyumatsuzakaten

万代書店松阪店
三重県松阪市の浪漫遊グループの老舗お宝ショップです。2005年6月にオープン。万代書店ブランドから続く味わい深いお店造りは必見。グループ店として、石川県の浪漫遊金沢本店、岐阜県にある浪漫遊各務原店があります。

基本データー
基本データー内容
店名浪漫遊松阪店(旧万代書店松阪店)
住所〒515-0811 三重県松阪市塚本町72-1
電話番号0598-50-2020
FAX番号0598-50-2025
営業時間10:00~26:00
特定曜日等の特殊営業時間-
店休日年中無休。
Pスペース250台程?。
アクセス電車の場合:近鉄山田線 松ヶ崎駅より徒歩5分程。
車の場合:伊勢自動車道 松阪ICより15分程。
公式ホームページ浪漫遊松阪店 公式ホームページ
公式ブログ浪漫遊松阪店の公式ホームページ上からの各カテゴリーブログをご参照ください。
公式ツイッター・浪漫遊松阪店 公式ツイッター
・浪漫遊松阪店 公式ツイッター(アミューズ)
・浪漫遊松阪店 公式ツイッター(ゲーム担当)
・浪漫遊松阪店 公式ツイッター(乙女ロード)
・浪漫遊松阪店 公式ツイッター(楽器.ex)
・浪漫遊松阪店 公式ツイッター(カード部門)
公式facebook浪漫遊松阪店 公式facebook
公式LINELINEで更新情報を受け取る
公式メールマガジン浪漫遊松阪店公式ホームページより登録可能。
公式ネットショップ浪漫遊グループ 公式ネットショップ(楽天市場)
買取情報店頭チラシ,または公式ホームページを参照下さい。
ポイントカードの有無・またはその他のポイントシステム現在調査中。
取扱い商品のお問い合わせ先の有無電話の場合:0598-50-2020
メールの場合:浪漫遊松阪店 お問い合わせ先
返品・買取クレームに関するお問い合わせ先の有無電話の場合:0598-50-2020
メールの場合:浪漫遊松阪店 お問い合わせ先
系列店(グループ店)の有無あり。石川県、岐阜県、三重県に3店(2016年06月現在)。
浪漫遊金沢本店、浪漫遊各務原店、浪漫遊松阪店。
ハシゴチェック可能なお宝ショップの 有無なし。
備考浪漫遊グループのお宝ショップです。

浪漫遊松阪店 詳細マップ
主な取扱いカテゴリー

toriatsukai1

強めのカテゴリー

古着古本

簡易レビュー

国道42号線(熊野街道)沿いにスクッとそびえ立つ「お宝発見」の看板が目印。フレーズが「何でも買います」ではなく、「お宝発見」という点が非常に珍しいものがあります。駐車場はお店全面部で非常に駐車し易い環境。お店外観は、漆黒ではないものの、ダークブラウンで至極にシックなカラーリング。これに正面のオールドアメリカン看板を取り囲むように、店名から始まりびっしりと表記された白地のシンプルなフレーズ。妖しさと言いますよりも、ナニやら得も言えぬ迫力があります。お店の正面入り口から店内に進みますと、意外な事に店内は明るく、コーナー周りも非常に整備されていて、お宝チェックは快適な店内。チラホラと香ばしい部分はありますが、香ばしさよりもどことなく感じる「ちょっと懐かしさにも似た、温かい地方色」が感じられます。商品ボリュームも、このクラスでは合格点的なもの。独特なムードを堪能しながら、お宝チェックに勤しみたいお店と言えます。

詳細レビューへのリンク

・浪漫遊松阪店(旧万代書店松阪店) (チェック日:2008年09月)
【参照】:「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」
(最終チェック期:2008年09月)

omemo的?レーダーチャート

ハシゴチェックOK?なお宝ショップ

三重県のお宝ショップの中では一番の難所?とも言える三重県名張市のフーリエ倶楽部名張店へは、山間部方向へ車で約1時間ほど。別方向で伊勢湾に沿って北上していく形で三重県鈴鹿市方面へ30~40分ほどすすんだところには、万代書店鈴鹿店があります。こちらは3店セットでハシゴチェックを楽しみたいところ。まだまだ廻りたい諸兄は、そこから30~40分ほど、三重県四日市市~桑名市へ向かいますと、万代書店四日市店とお宝市番館三重本店へと行き着けます。一日ではかなりキツいですが、そのまま愛知県名古屋市方面のお宝ショップ乱立地帯へ進んでみるのも一興です。

近隣お宝ショップとの位置関係(地図)
近隣のオススメスポット

歴史的建造物が豊富な万代書店松阪店周辺。重厚な石垣が歴史の重みを感じさせる松阪城跡本居宣長記念館と一緒に見学するのがマル。武家屋敷が状態よく現存しおている御城番屋敷も観ておきたいスポットのひとつ。武家屋敷は住居として使用されている建物多数のため、マナーを守って見学したいところですね。


関連記事

ページ上部へ戻る