お宝ショップとは?

お宝ショップとは・・・?。

管理人のomemoがネーミングしました全国各地に増殖中のエンターテインメントリサイクルショップの呼称です。他にもサブカルチャーリサイクルショップとか遊べるリサイクルショップ等々お店によって様々な呼び方がされています。

通常のリサイクルショップと言えば、主に生活雑貨、家電、家具、贈答品等の家庭で不要になりました商品を買取、販売しているのが一般的ですが、このサイトで表現するところのお店では、リサイクルショップとは異なり、より楽しく生活に彩りを添える趣味に特化したリサイクル商品の買取と販売を行っているのが通常です。

主な取扱いカテゴリーとして、古本、メディア(CD,DVD,ブルーレイディスク,ビデオソフト,レコード)、ゲームソフト&ハード、ホビー全般(おもちゃ、フィギュア、ぬいぐるみ、ミニカー、食玩、レトロ玩具、プラモデル、シール等)、トレーディングカード、ファッション雑貨、サバイバルゲーム全般アイテム(モデルガン、その他サバゲー装備、ミリタリーグッズ等)、古着、アクセサリー、スニーカー、ブランド品、金券、釣り具、楽器、駄菓子、スポーツ関連用品、アダルト関連(関連メディア、グッズ等)、アミューズメント(クレーンゲーム、アミューズメント用パチンコ&パチスロ、その他アーケードゲーム等)があります。ただし、お店の規模等もあって、取扱いカテゴリーを絞ったお店も多々あります。

エンターテインメント性を強調した造りも見どころのひとつ。ひと昔前までは、少し知らない一般ユーザーに取りましては・・・かなり入店し辛いムードでありましたが、近年では非常に明るく陽気なムードで非常に入店し易くなってきています。ただお店によって打ち出しているカラーがそれぞれ異なり、明るく楽しいムードに特化しているお店もあれば、妖しくDEEPでマニアックなお店もあります。 主にお店の外観的特徴としましては、「何でも買います」というフレーズと看板や、黒または濃いめのエンジ色で塗ろ固められています(グループによりましては独自カラーのものもあり)。

当サイトで位置付けるお店では、主に本屋さんではないのに「○○書店」という店名でありましたり、「○○鑑定団」とか「○○倉庫」という形で営業しているお店が多かったのですが、最近では独自ブランド名での店名で営業しているお店も増えてきました。

基本的に当サイトで取り上げておりますお店は、

「①:複数の異なるジャンルのカテゴリーを取り扱っている」
「②:ムードは方法は異なれど、エンターテインメント性を打ち出している」
「③:アダルトカテゴリーメインではない」

この3点を押さえているお店をお宝ショップと称しております。


ページ上部へ戻る