お宝一番福井越前店

otakaraichibanfukuiechizentens2

お宝一番福井越前店
( おたからいちばん ふくいえちぜんてん )
otakaraichibanfukuiechizenten

お宝市番福井越前店
福井県越前市に位置する中型お宝ショップです。系列店としては、兵庫県朝来市にあるマンガ倉庫和田山店があります。特徴あるツリー形状の正面シンボルに設置された「お宝一番」ロゴと遺跡オブジェ、そして香ばしくて地方色もミックスした店内は非常に味わい深いものがあります。

基本データー
基本データー内容
店名お宝一番福井越前店
住所〒915-0094 福井県越前市横市町35-14-3
電話番号0778-29-3138
FAX番号現在調査中。
営業時間10:00~25:00
特定曜日等の特殊営業時間-
店休日年中無休。
Pスペース150台程?。
アクセス電車の場合:JR北陸本線 武生駅より徒歩20分程。
車の場合:北陸自動車道 武生ICより2~3分程。
公式ホームページお宝一番福井越前店 公式ホームページ
公式ブログお宝一番福井越前店 公式ブログ
公式ツイッターお宝一番福井越前店 公式ツイッター
公式facebook-
公式メールマガジン-
公式ネットショップアマゾン ★お宝一番★福井越前店
楽天 お宝一番福井越前店 公式ネットショップ
買取情報店頭チラシ,または公式ホームページを参照下さい。
ポイントカードの有無・またはその他のポイントシステムあり。 スタンプタイプ。
取扱い商品のお問い合わせ先の有無電話の場合:0778-29-3138
返品・買取クレームに関するお問い合わせ先の有無電話の場合:0778-29-3138
系列店(グループ店)の有無福井県、兵庫県に2店舗展開(2013年11月現在)
お宝一番福井越前店、マンガ倉庫和田山店。
ハシゴチェック可能なお宝ショップの 有無浪漫遊福井店
備考㈱ダイユー運営のお宝ショップです。

お宝一番福井越前店 詳細マップ
主な取扱いカテゴリー

toriatsukai1

強めのカテゴリー

トレカホビーゲーム

簡易レビュー

北陸自動車道 武生ICからすぐのところにある国道8号線(福井バイパス)沿いの黒い看板が目印です。近隣にはここまで妖しい看板はありませんので、スグに分かると思います。駐車場入り口部には3mはあろうかと思われるヒト型の黄金のオブジェが立っています。非常にレア度の高いものですので、これもじっくり観ておきたいところ。駐車場は広くて他店との共用駐車場です。すぐお隣は田んぼが広がっており、非常にのどかで心地よい雰囲気です。お店建物は横に広くて平屋形状。正面入り口部の上部には、ツリー状のデザインモールに味わい深いお宝一番ロゴが堂々鎮座。お店正面入り口周辺はエントランス状になっていて遺跡系のオブジェもおかれ、入店前より期待感を存分にアオってくれます。お店の中は、地方色豊かなお宝ショップのまさにソレ。トンがった派手さやアオりも多くなく、非常にゆったりしたムード。コーナー造りも非常に丁寧。これに適度なお宝ショップらしい乱雑感が、ひたすらガサガサ店内を漁りたい気分にさせてくれます。多様されたショーケースと夥しいお宝アイテム群が、非常に自然に融合していおり、一部では・・・果物狩りにも似た気分を感じる事も?。商品ボリュームは、お店のキャパよりやや多め。基本コンセプトでもある?「在庫の山を築きます」を地でいっているような感じですね。トータル的に非常に満足度の高いお宝ショップと言えます。

詳細レビューへのリンク

・お宝一番福井越前店  (チェック日:2008年10月)
・お宝一番福井越前店2 (チェック日:2012年08月)
【参照】:「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」
(最終チェック期:2012年08月)

omemo的?レーダーチャート

ハシゴチェックOK?なお宝ショップ

お宝一番福井越前店から福井県福井市方面へ30分程進みますと、浪漫遊福井店に行き着けます。そのまま石川県方面へ向かう場合ですと、万代書店石川加賀店へは北陸自動車道経由でおよそ50分ほど。さらに金沢方面へ向かって行きますと、石川件野々市市にある浪漫遊金沢本店へも到達出来ます。こちらも同じく北陸自動車道経由で約50~60分ほど。逆方向の滋賀県方面に進みますと、北陸自動車道経由で約50分ほどで開放倉庫米原店。そこからは買取倉庫愛知川店~お宝ザクザク!大津店~買取倉庫甲西店というコースでハシゴチェックが可能です。各店の移動所要時間は20~30分ほどです。

近隣お宝ショップとの位置関係(地図)
近隣のオススメスポット

かなり大きな・・・しかも金色!の紫式部の像が目を引く、その名も紫式部公園。日本初の寝殿造庭園ということもあり、公園内はかなり独特の造り。園内の紫式部公園藤波亭でちょっと風情ある休憩も楽しめます。


関連記事

ページ上部へ戻る