お宝.倉庫札幌苗穂店

otakara.sokosapporonaeboten2

お宝.倉庫札幌苗穂店
( おたからどっとそうこ さっぽろなえぼてん )
otakaradotsokosapporonaeboten

otakara.sokosapporonaeboten1
北海道のオカモトグループが運営するお宝ショップ。店名前につくフレーズは「おどろき発掘館」。このフレーズと、お店の倉庫然とした無骨な漆黒の外観で思わず通常のリサイクル?と思ってしがちですが、一歩中に入ると、そこは完全なるお宝ショップ!。

基本データー
基本データー内容
店名お宝.倉庫札幌苗穂店
住所〒007-0822:北海道札幌市東区東雁来2条1丁目1番地24
電話番号011-781-3196
FAX番号011-781-3851
営業時間10:00~24:00。
併設のお宝書店(アダルト)、ダスベガス(アミューズメントスペース)のみ27:00(AM 3:00)までの営業。
特定曜日等の特殊営業時間夏期限定の営業時間設定(閉店時間を26:00)という場合あり。
詳細はお店にて確認下さい。
店休日基本的には年中無休。
Pスペース100台程?
アクセス電車の場合:JR千歳線 苗穂駅より徒歩30分程。
車の場合:札幌自動車道 雁来ICより5分程。
公式ホームページお宝.倉庫札幌苗穂店 公式ホームページ
公式ブログ公式ホームページ上のカテゴリーを参照下さい。
公式ツイッターお宝.倉庫札幌苗穂店 メインコーナー ツイッター

その他のカテゴリーも、独自ツイッター配信あり。
詳細は公式ホームページを要確認。
公式facebook特になし。
公式メールマガジンあり。
お宝.倉庫 メールマガジン 登録ページ
公式ネットショップ特になし。
買取情報店内チラシ等をご参照下さい。
ポイントカードの有無・またはその他のポイントシステムあり。磁気カードタイプ。
取扱い商品のお問い合わせ先の有無電話の場合:011-781-3196
返品・買取クレームに関するお問い合わせ先の有無電話の場合:011-781-3196
系列店(グループ店)の有無お宝ショップではありませんが、
一般リサイクルショップとして「なんでもリサイクルビッグバン」というお店を北海道全域に展開中。
ハシゴチェック可能なお宝ショップの 有無あり。万代札幌手稲店、お宝.倉庫札幌苗穂店。

備考札幌自動車道 雁来料金所からもほど近く、国道275号線(北1条雁来通)沿いという立地の良さ。
目印として、隣がヤマダ電機です。

お宝.倉庫札幌苗穂店 詳細マップ
主な取扱いカテゴリー

toriatsukai1

強めのカテゴリー

ホビーアミューズメント

簡易レビュー

意外とありそうで、実はなかなか見かけない?そのまんま倉庫!と言わんばかりの漆黒の外観が大きな特徴。万代書店系お宝ショップの様なオールドアメリカンな大型看板も見られず。オール漆黒の店舗壁面へは取り扱いカテゴリー表記がシブイ赤文字で表記されているのみ。しかし、一歩店内に入るとほの暗い店内に、おびただしいお宝アイテムが眠っています。天井も高く、開放感満点。ほぼ全般的にお宝ショップの基本カテゴリーはおさえられており、ボリュームの程は、まずまずと言ったところ。アミューズメントコーナーである「ダスベガス」も広さも言う事ながら、トンチの効いたネーミングだけではなく、ゲーム機のラインナップも素晴らしい。アダルト専門のカテゴリー「お宝書店」は別入り口が設置されており、気兼ねなく入れる配慮が見られます。上記のダスベガスとお宝書店は、本体であるお宝.倉庫札幌苗穂店とは異なり営業時間が深夜延長されているので、注意が必要です。

詳細レビューへのリンク

・お宝.倉庫札幌苗穂店 (チェック日:2008年9月)
・お宝.倉庫札幌苗穂店2 (チェック日:2014年5月)
【参照】:「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」
(最終チェック期:2014年5月)

omemo的?レーダーチャート

ハシゴチェックOK?な近隣のお宝ショップ

万代札幌手稲店、万代札幌藤野店。どちらも車で1時間以内の距離にあります。ハシゴチェックは断然オススメです!。お隣になりますが、北海道苫小牧市にはマニアも納得のDEEPなお宝ショップグループでありますお宝鑑定館苫小牧店もあります。お時間に余裕があれば、ぜひ押さえておきたいところ。車でこちらも60分圏内です。

近隣お宝ショップとの位置関係(地図)
近隣のオススメスポット

まずは、モエレ沼公園。北海道の広大さを存分に体感出来るスケール。公園がなんとひとつのアートになっています。ここの場合、広さが広さ(東京ドーム40個分!)な事もあり、一日かけてゆっくり楽しみたいですね。また、一般リサイクルもチェックして見たい!という方へは、お宝.倉庫系列店である、なんでもリサイクルビッグバンを訪ねてみても面白いかもしれません。


関連記事

ページ上部へ戻る