購入時の注意点

はじめに

通常のお店と異なり、基本的には中古品メインのお宝ショップ。新品のものも、もちろん取扱いはされていますが、店内にある商品は全て一点一様!一期一会と言えます。状態の見極め、価値判断を下すのは、自分自身。ある意味非常にスリリングですね(w。様々なカテゴリーが展開され、お店のムードにもノセられて・・・ついつい思わぬモノを衝動買い!。こんなシチュエーションも多々あるかと思います。しかし油断しますと、「こんなハズでは・・・」と後悔する事も。

こんなパターンに陥らず、よりよいモノをお得にゲットする為に注意する事ってなんでしょう?。
ここではその点を細かく説明して行きたいと思います。

1:お店の基本スタンスを確認する

まずはココからチェックです。自己責任の部分が大きいお宝ショップでの購入ですが、見落としがちですが返品や不具合について具体的に説明を行っているお店が多いのがポイント。

大半のお店は「商品の性質上、返品は基本的には受け付けません」とうたっている事が多いですが、場合によりましては説明されていた商品と内容が異なるモノやいわゆる充分な商品説明がなされていないフェイク品、お店の過失による商品の損傷(防犯タグを取り外す際に多くみられます)等で返品を受け付けているお店も少なからずあります。

各お宝ショップグループ、各お店でスタンスはマチマチでありますので、お店のチラシ、お店のレジや買取所近辺によく見かける掲示、またはホームページ上で確認しておくべきでしょう。

2:店内の状況を観察する

ザっとでかまいませんが店内各所を観察し、お店の目が行き届いている様確認出来るか?ここがポイントです。特に細かい商品のコーナーでは非常に多く見かけますのが、床に落下し散らばった商品の数々。こうなっていますと、うっかり踏まれたり蹴られたり・・・。せっかくの商品が破損している恐れがあります。多少の乱雑感はお宝ショップのテイストとしては受け入れられますが、いつまでも放置されていますお店では危険です。

3:商品タグを観察・確認する

単純に価格だけ明記されているお店もあれば、「新品」・「中古品」という風に商品シールを色分けしているお店も。もっと進んだお店では、価格シール以外に「商品チェック表」が付けられていて、細かく状態が明記され、検品した店員さんの名前まで入っているお店もあります。
出来るだけ細かく表示されているお店がもちろんマルです。

またビニール梱包の有無(中には梱包箱ムキ出しで価格シールが貼られている場合も)、外観上確認出来る欠損も明るい店内部で充分に確認するべきでしょう。

それ以外に不安な点や不明な点は、店員さんに確認と相談を行って、その場で確認すべきでしょう。

4:状態と価格帯のバランスを判断する

商品の状態もそうですが、価格帯もお店によって全く異なります。近場でハシゴチェックが可能なお宝ショップがあれば比較検討チェックの上で、購入を決めたいところ。
微妙なラインの商品であれば、スマホやタブレットPC等の携帯端末で相場(オークションサイトやオークファン等)をその場で確認すべきでしょう。その際出来ればお店の中ではなく、迷惑のかからないよう店外に出てから検索するのがマナーかと思います。


ページ上部へ戻る