買取時の注意点

はじめに

どのお宝ショップでも入り口近くの目立つ位置にある窓口、それは買取処(かいとりしょ)。
自分ではもう不要となった、あんなモノやこんなモノを買い取りしてもらって、新たな商品購入!したい。
そう思われます方が多いかと思います。

こんな気持ちでたくさんのモノをドッサリ持ち込み、査定申し込み!。喜々として買取処へ趣き、査定額を見てビックリ!・・・。え?、たったのコレだけ!?。こんな経験をされた方々も多くいらっしゃるかと思います。

今まで愛着を持って手元にあったシロモノ。絶対売るもんか!、一生のお宝!と大事に大事に保管していた逸品。これはどなたでも、ひとつやふたつとあるハズ。
出来れば高く買い取ってもらいたいのが、やっぱり本音。ここではよりよく買い取りを進めて行くためには、どういう事前準備を行えばよいのか?。また、どんな事を行えば、より高額で買い取りをして貰えるのか?。
この辺にクロースアップをしつつ進めて行きたいと思います。

1:持ち込むモノの状態を確認+リスト化

基本的な事ですが新品未開封ならいざ知らず、こと中古品となりますと、現状どのような状態であるのかを、まず把握するべきでしょう。お店の買取処に持ち込む際には、軽く説明出来るようであれば、なおヨシです。
お店によりましては、公式ホームページ上で買取依頼リストがダウンロード出来るところも多く見受けられ、事前に持ち込むアイテムの記入を求められるという形もあります。
しかし、いささか簡易的フォーマットでは?、と思えます場合もありますので、独自リストを作成し、「別紙参照」という形で添付する方法がオススメです。

私 omemoの場合は下記内容項目にてリスト化しております↓。

・リストナンバー(何点買取に出されたのか?お店側でも把握がし易くなります)
・商品名(例:アウター、Gパン、デジカメ、スマホ本体等)
・ブランド名
・形式名(限定品の場合ははっきりと明記の事)
・サイズ
・状態(例:未開封・新品箱付き・中古等)
・使用頻度(例:試着のみ・数回着用等)
・付属品の有無
・備考(例:何か追記したい部分があれば、ここに記入)
・もうひと項目予備で項目をブランクで追加(← ここが重要!)

*上記リストを2通用意。
 1通はお店へ提出用。もう1通は自分用控え。ここには下記項目を記入。

注意1:持ち込むカテゴリーを出来る限り絞り、持ち込み日に注意する。
 → お宝ショップによっては「査定担当者が、この日しかいない!」として査定を受け付けない+受け付けても精通している担当者以外の為、時間がかかるor低額査定という事も予想されます。

注意2:お店の公式ホームページの情報を確認する。
 → お宝ショップによりましては、査定額を大幅アップするイベントを行っていたり、買取専用ポイント制度があるところもあります。これらは買取査定額がポイントに応じてアップする場合や、通常の買い物でしよう出来る事もあります。
 また最近ではTポイントカードの使用も増えてきていますので、よくよくチェックして置くべきでしょう。

2:持ち込む前には出来るだけ清潔に!

当然現状のコンディションが良ければ査定額がアップする事、これは大いに予想されます。出来るだけ清潔にして持ち込むべきでしょう。手元を離れる最後まで愛着を持っておきたいところです。次に手にする方々の事も考えるべきかと思います。
例えば衣類の場合ですと、ショップで見かける様な形でキチっと折りたたみましょう。

3:持ち込む前に相場を確認する

緊急さを要さなければ、インターネットのオークションサイトやオークファン等の相場サイトで確認した上で判断したいところ。だいたいの価格帯を把握しておけば、買取本番でのよりよい交渉での押し引きが出来るかと思います。

先程作成しました独自リストの1通分の「予備の項目」それぞれへ、調べました相場価格や自身が買取に納得出来る金額を記入しておきます。

4:お店の相場を確認する

基本的には店頭でのチラシやポップ、またはお店ごとの公式ホームページより確認が可能です。持ち込むモノのおおよその価格帯を知り、総額を予想しておくべきでしょう。
先程記入しましたそれぞれの金額から著しく異なる場合は、そのお宝ショップへの持ち込みを再検討してみるべきかと思います。
特にお店によりましては、「在庫過多」を理由に広告チラシやホームページ上で掲載していますリスト価格より安価!という事もありえます。充分ご注意下さい。

5:身分証明書の用意をする

お宝ショップでは身分証明書の写しの提出を促されます。運転免許証やパスポート、健康保健証、学生証などの身分証明証の写しの持参は必須です。
18歳未満の方は、保護者の同意が必要となるお店が大半ですので、保護者同伴で買取処に行くようにしましょう。

6:査定前に現状を説明しましょう

中古品なのか?新品なのか?未開封品なのか?開封品なのか?欠品状況等は?等々、出来れば説明しましょう。
特に持ち込み点数が多い場合は、プレミアム品や限定品が埋もれてしまい、思わぬ査定額とされる場合もあります。特に強調したいアイテムは、真っ先に説明しておくべきかと思います。

現状を把握しておくために、先程作成しましたリストは必須。また出来れば、デジカメ等で持ち込み品全ての画像を撮っておき、予期せぬ査定時の事故(破損、同等品の取り違え等)に備えておきたいところ。

7:査定終了後に判断しましょう

いよいよ査定終了!。多くのお宝ショップでは店内アナウンスや液晶表示板で呼び出しがかかります。査定終了後には、査定状況と査定金額が提示されます。中には金額が付かずに査定不可と判断されるモノも出てくるかもしれません。買取完了リストを提示されるかと思いますが、事前に自分用に用意しておきました、先程のもうひとつのリストと落ち着いて照合しましょう。納得の行く価格提示の場合のもののみ、そのまま買い取ってもらいましょう。
納得のいかない場合には、その場のムードに流されることなく、潔く持ち帰りましょう。または、ハシゴチェックが可能なお宝ショップがある場合には、複数のお店で査定してもらうという手段もあります。
それでも納得がいかない場合は、オークション、メルカリ等のフリマアプリ等の利用も検討したいところ。独力ですので、手間と時間はかかりますが、どこまで頑張ってみるかは貴方次第です。

8:お宝ショップ以外への買取査定

また、カテゴリーごとによっては、お宝ショップ以外への査定という手段もあります。主な場合ですと単一専門カテゴリーでの営業方式での対応となっている事が多い状況。特にハイブランドや金プラチナ商品には強みをみせるお店も数多く存在。査定の流れとしましては、お宝ショップと同じく、来店持ち込み形式や送付形式、面白いところですと、LINEで画像を送って査定お知らせ!というところもアリ。
簡単ではありますが、カテゴリーごとのネット査定と来店査定店を一例ではありますが、ご紹介させて頂きます。

カテゴリー別買取店一覧
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

ページ上部へ戻る